major highlights of the day

この仕事をしていて最も、快感に思えるとき、それは、
兼ねてから憧れている人に実際にお会いできたとき、
あるいは、今まで存じ上げている人の中の、新たなしかも素晴らしい一面に再び出会えたとき!!
スターバックスのCEO Mr. Howard Schultzのスピーチ&レトリックは
期待どおり、圧巻だった。
@ The proof is in the cup/ Starbucks’ VIA Launch event
彼の著書 Pour Your Heart into it /How Starbucks Build a Company One Cup at a Timeでもおなじみの
ユニークな経営美学や、夢を追い続けるパッションを、実体験することができた。

本日のもう一つの醍醐味といえば・・・!
http://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/
先月のチリに続いて、、、、
暴動が激化するタイバンコク取材中、銃弾に倒れ、殉職された村本カメラマンの悲報も冷めやらぬ、
バンコクから生レポートを行うことが出来た。
そのレポーターは、タイ古式セラピー講師の宮原由佳さん。
実際にお会いした時は、なんて小柄で、性格はマイペース、おおらかなんだろう・・・
その反面に芯の強さや細やかさが印象的だった。
別れ際握手を求めると、彼女の小さく柔らかい手には「気」「エネルギー」が宿っているように思えたのがなんとも不思議だった。 そんな宮原さんに、大変光栄なことを言っていただいた・・・!

「やはり、先日お会いできてよかったです!!
萩野さんの、明るくて優しい笑顔を思い出しながら、赤組デモの緊張より高まる私の緊張を<+~~;>大丈夫!大丈夫!とおさえています」

微笑みの国タイが、今、泣いている・・・
宮原さんHP
http://www.yutika.net/

タイ ALL ABOUT
http://allabout.co.jp/travel/thailand/closeup/CU20070716A/index3.htm

FM North Wave
http://825.fm/blog/thailand.php?itemid=17311

血液さらさら健康ナビ
http://itp.ne.jp/contents/health/column/column_10.html

2009 タイ国際航空 タイ美計画

http://tenshinoai.jugem.jp/?eid=341

朝日新聞 GLOBE
http://globe.asahi.com/feature/090803/side/03.html

2007年1月  ワイワイタイランド雑誌
ルーシーダットンの見学を終え、マッサージを施術してもらおうとマッサージ所へ行くと、なんとマッサージ師は日本人の女性である。宮原由佳さんというその女性は「Yutika」というタイ語名ももっていた。彼女はタイ語がとても上手で、タイに住んで7年になるという。大学の日本語教師として初めてタイに来た時は、タイマッァ ージという名は聞いてはいたが体験したことはなかった。その後、実際にタイマッサージを受けると、日本の10~15分で終わってしまうクイックマッサージと全く違い、その気持ちよさにすっかりとりこになってしまったという。日本語を教えて1年になり、そろそろ帰国というころ、彼女は帰る前にワット・ポーのマッサージスクールに通うことにした。タイマッサージの技術を習得して、帰ってからマッサージ好きの両親にしてあげようと考えたのである。プリーダー先生と会ったのは、ちょうどワット・ポーの授業が終了したころであった。先生はタイ人の従業員に日本語を教えてくれる人を探しているところで由佳さんはその誘いを受けることにした。またこの機会に客や先生に施術し、その技術を磨いていった。由佳さんはワットポー初めてとなる、また唯一の外国人講師である。「日本にもタイマッサージに似た『指圧』がありますが、日本のものは身体のツボを押すことが特徴です。タイマッサージは最も重要である「セン・シップ」といわれるセン(エネルギーライン)の上を押していきます。」彼女はさらにこう続けた。「ここで働き始めて6年になりますが、タイマッサージを長くやるにつれて、まだまだ技術が足りないと思い知らされます。これからももっともっと腕を磨いてタイマッサージを追究していきたいと思います。」最近は少しずつ自分の生徒さんを取らせてもらっている由佳さんは、ワットポーで学んだことを、もっと多くの人たちに伝えていきたいという素晴らしい夢を持つ。


 




XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>